SDGsへの取り組み

一度雨漏りした家の危険性

 

皆様こんにちは。株式会社 創心です👷

今回は、一度雨漏りした家の危険性についてお話させていただきたいと思います。

 

 

 

 

一度雨漏りしたけど、今はなにもなってないから大丈夫!とそのまま放置

している方はいらっしゃいませんか?

生活に支障をきたしていないからと雨漏りをそのまま放置していると

さまざまなリスクが生じてしまいます。

 

一度雨漏りをしたということは、これから建物が悪化していく初期症状になります。

雨漏りをそのまま放置していると、数か月後には再発します。

室内に水が垂れていないとしても、建物内の見えないところで

雨漏りが進行している可能性があります。

他にも、天井上で雨漏りをしていることに気づかず濡れてしまったまま乾かない場合

天井が腐ってしまい劣化してしまいます。

床下にシロアリが発生している場合もあります。シロアリは、腐った木材を好むため

雨漏りをそのまま放置していると、木材が腐りシロアリ発生を引き起こしてしまいます。

シロアリにより、木材が食い荒らされると建築物の歪みや建築物の傾きなど

不具合が生じてしまいます。

 

雨漏りを放置していると、このようにさまざまなリスクが生じてしまい良いことは1つも

ありません。雨漏りを見つけた際は、早急にご相談ください🏠

 

株式会社 創心では、緊急を要する水回りトラブルにも

対応しておりますので、お問合せください。

 

▼HP施工事例はこちら▼

施工事例|雨漏り・リフォーム・外壁塗装|株式会社創心 | (sousin88.co.jp)

▼HPお問合せはこちら▼

お問い合わせ|雨漏り・リフォーム・外壁塗装|株式会社創心 | (sousin88.co.jp)

 

TEL:076-256-2373

 

 

 

 

 

 

 

  • お客様の声
  • 会社情報