SDGsへの取り組み

外壁ヒビ割れ・リスク

普段、あまり気にして家の外壁を見ることはないと思いますが、

ふと、外壁部分を見た時に、ヒビが入っている!なんてことはありませんか?

 

小さなヒビだし、大丈夫だろう。とそのままにしておくと様々なリスクに繋がります。

 

リスク①雨漏りに繋がる

外壁のヒビ割れ部分から、雨水が侵入してしまいます。小さなヒビ割れだと

初めは、室内への影響は少ないと思いますが、水を含んでいる状態が長ければ長いほど

室内への雨漏りに繋がるリスクが高まってしまいます。

 

リスク②建物自体の耐久性、安全性が減少してしまう

ヒビ割れを長年放置していると、建物の劣化が早まり、モルタルの下地(木部)やサイディングが

腐食し、最悪な場合大きな工事をしなければならなくなります(外壁材を取り替える工事など)

 

他にも、湿気が多くなることによりカビが発生し、健康被害を引き起こす原因にもなります。

カビが増殖している場所に住んでいると、空気中のカビが体内に入り込んでしまい、感染症のリスクや

アレルギーが出てしまうケースがあります。

湿気が原因によるシロアリが発生する、など。

 

もし、外壁のヒビ割れなどに気付きましたら、一度ご相談下さい。

その他のご相談も受け付けております。

 

お家のメンテナンスも致しますので、大きな工事になってしまう前に一度

メンテナンス等もされてみてはいかがでしょうか?

 

分からないことなどございましたら、気軽にご相談下さい。

お待ちしております。

 

 

 

  • お客様の声
  • 会社情報